こんにちは、
主婦向け在宅ワークアドバイザーの上杉です。

今回は、専業主婦の悩みについてお話していきます。

専業主婦は楽そうに思われがちですが、それゆえの悩みも多いのです。

みなさんどんなことで悩んでらっしゃるのでしょうか?
早速みていきましょう!

専業主婦は辛い?

最近では、共働きの家庭が多く、
働いている主婦の方が多くいらっしゃいます。

私は自宅で、フリーで働いており、はたから見ればほとんど家にいますので、
専業主婦と思われていることも多いです。

私は外に働きに出るよりも、
子供のそばにいられるネットビジネスを選びましたので、
今の生活に全く不満はありませんが、

専業主婦として毎日がんばっていらっしゃる方の中には、
ストレスを感じたり、様々なことに悩んで生活していたりします。

その証拠に、現在「専業主婦」で検索すると、こんな検索結果が出てきます。

一番左上に「辛い」という文言が出てきていますね。

専業主婦が辛い理由・原因

自由に使えるお金が無い

専業主婦は、基本的に自分で稼いだお金がありませんので、
洋服やコスメなど何か買いたいときは、
夫のお給料から出す必要があります。

自分も専業主婦として働いていますので、
何もうしろめることはないのですが、
やはり「自分で稼いだお金ではない」ということを考えると、
自由に使うことをためらってしまうのです。

欲しいものを我慢するってなかなか辛いものがありますよね・・・

家計に余裕がなく心配

夫婦共働きであれば、2人分のお給料が出ますので、
やはりその分家計も潤います。

妊娠や子育て、介護などを機に妻の方が仕事を辞めると、
単純に1人分のお給料が減りますので、余裕がなくなってくるのですね。

さらに老後資金のことや子供がいる場合は教育資金など、
お金の心配はストレスに繋がります。

家事の手抜きができない

専業主婦は家事がメインの仕事なので、
家事を手抜きしていると「1日何やってたんだ」と思われるのではないか、
という辛さがあります。

家事はお給料という形で目に見えて評価されないのに、
サボっているとすぐにわかってしまう・・・

仕事は慣れてくると、少し手の抜き方もわかってくるのですが、
家事に手抜きはないのです。

社会と孤立をしている感じがする

例えば結婚を機に仕事を辞め、それまでバリバリ働いていた場合であれば、
社会とのかかわりがなくなったと感じ、
突然孤独感を感じてしまうことがあります。

自分は何も社会に貢献できていないのではないかという思いから、 専業主婦に辛さを感じてしまうのです。

主婦業に休みはない

家事に育児、主婦業には基本的に休日や祝日はありません。

24時間365日働くため、「今日は休みでのんびりしよう~」
ということはできないんですね。

あまりに家事や子育てを頑張りすぎてしまうと、
息抜きが出来ず、ストレスが溜まってしまいます。

私の知り合いのママ友さんは、定期的に「旦那様が子供を見る日」
というのを作ってもらっているようで、
「かなりリフレッシュできて、また頑張れる」
とおっしゃっていました。

丸1日大人と話さない日がある

私も経験がありますが、
まだ1,2ヶ月の赤ちゃんを育てているときは、
なかなか気軽に外へお出かけできなかったりしますよね。

そうなると、1日赤ちゃんと2人きりで、
気づけば「今日は大人と話していない」なんていう日も出てきます。


家事や育児にはお給料が出ない・評価されにくい

家事や育児にはお給料というものがありませんよね。

外で働いていると、お給料という形で目に見えますが、
主婦には目に見えて評価がされないのです。

夫の視線が痛い

夫に「楽でいいよな」と思われているのではないか・・・
これは私が実際に過去に考えたことがある気持ちです。

きちんと話し合って、
全く夫はこのようなことを思っていなかったことがわかったのですが、
外で頑張っている夫に対して、すこし後ろめたさがあったのかもしれません。

同じ毎日の繰り返し

私は子育てに専念したくて仕事を辞めましたので、
毎日すごく楽しかったのですが、
私の友人は、「同じ毎日の繰り返しをしているようで、息が詰まりそう」
と言っていたことがありました。

同じ専業主婦をしていても、毎日の感じ方は人それぞれですので、
このような感じ方をする人もいるんだな、と感じています。

「なんで働かないの?」など心ない言葉をかけられる

こちらは、某テレビ番組で放送されていたのですが、
独身の友人から、『「なんで働かないの?」というような
言葉をかけられて傷ついた』とお話されていた専業主婦の方がいらっしゃいました。

その方は、子供がいらっしゃらなかったので、
「子供がいなくて毎日家にいるなら、働けばいいのに」というような
ことを言われたそうです。

専業主婦になる理由も人それぞれですので、
このような心ない言葉をかけられると悲しくなりますね。

罪悪感がある

こちらも先ほどと同じ番組内で話されていたのですが、
専業主婦でいることに対して罪悪感をもっている方も多いようでした。

「働いていない」ということに対する罪悪感が大きいようです。

生きがいを見つけたい

やはり生きているなら、自分の生きがいというものを見つけたいですよね。

専業主婦をしていく中で生きがいが見つかればいいのですが、
なかなか難しく、悩んでいる方もいらっしゃいます。


家事と育児は外注したら月100万円は軽く飛ぶ重労働

家事と育児はやったことがないとなかなか大変さがわかりませんが、
(私も独身時代はわかっていませんでした)

実は外注さんに頼めば軽く月に100万円はかかる重労働なんです。


まず、赤ちゃんがまだ小さいうちは、
授乳やおむつ替えは頻繁に行わないといけないですし、
抱っこでないと寝ない赤ちゃんもいますので、寝かしつけも大変です。

ハイハイなどができるようになると危ないですので、
片ときも目を離せません。


そして大きくなって幼児になると、
1人でできるようになることは多くなりますが、
魔のイヤイヤ期の対応や、走り回るので、遊び相手も体力が必要です。


もっと大きくなったら幼稚園で毎日お弁当を作ったり、
役員会やイベントに参加したり、習い事も出てくるかもしれません。


さらに大きくなるにつれ、塾やクラブ活動、受験の問題も出てきます。

本当に毎日大忙しです。


そして家事に終わりはありません。

毎日のごはん作り、掃除、洗濯、ゴミ出しなどやることはたくさんあります。

これが毎日繰り返されることを考えると、
月に換算すると100万円は軽く超えるのです。



専業主婦の辛さを解決する方法はある?

こんな専業主婦が辛いと感じている方への解決策はあるのでしょうか?

主婦の疑問

・毎日毎日子供と2人だけで過ごすのが辛い・・・!
という場合は、児童館へ行ってみたり、
ママ友を誘ってランチをしてみたりするのもいいですよね。

・主婦業に休みがなくて辛い・・・!
という場合は、少し旦那さまや、ご両親に相談してみて、
休みをもらうのもリフレッシュになります。

ところが、
・お金が無い
・家計が心配
・社会から孤立している感じがする
・生きがいを見つけたい

という問題は、なかなかすぐに解決するのが難しいですよね。

これらの問題はやはり、
「働く」ということで解決できる問題ではないでしょうか。

でも忙しい毎日の中、子育て中や介護中などの理由で、
なかなか外に働きに出ることが難しかったりしますよね。

私も、子供を産んで、専業主婦になったばかりのときは、
将来の子育て資金や老後資金のことで不安がいっぱいでした。


上杉の実体験

私は、以前勤めていた会社が激務だったこともあり、
子供を産んだらこの仕事を続けるのは無理だろうなと思っていたので、
出産を機に退職しました。

本当に子供がかわいくて毎日楽しかったので、
「仕事を辞めて正解だな」と感じていたのですが、
やはりしばらくすると不安に襲われることもありました。

私の場合は、お金の問題です。

・このまま夫だけの収入で子供を大学に行かせてあげることはできるだろうか?(しかも子供は2人欲しかったのでなおさらです)

・老後にゆとりのある生活はできるだろうか?

・持家も欲しい・・・!

どう計算してもなかなか不安を取り除くことはできませんでした。

「家にいて子育てに専念したい私でも、何かできることはないだろうか」

そう考えたことがきっかけで、パソコンで色々と調べてみることにしたのです。

やはり思いつくのは在宅ワークでしたが、
その頃の私の在宅ワークの知識と言うと、

内職のシール貼りや裁縫などのようなもので、
「なかなかこれだけで大きく稼ぐことは難しいだろうな」という印象でした。


そして、色々調べて行く中で出会ったのが

「インターネット・パソコンを使った在宅ワーク」です。

それまで私には、
パソコンも何か検索する程度のスキルしかありませんでしたので、
パソコンでお仕事をすることなど考えたこともなかったのですが、

「在宅ワークは初心者でも稼げる」ということを目にし、
思いきって初めてみることにしたのです。


現状にいきつくまでに紆余曲折ありましたが、
今は「あの時思いきってはじめてみて、

本当によかったな」と思っています。


おかげであの頃の不安は解消できたからです。

在宅ワークは本当に正しく実践していけば、
しっかりと結果を出すことができます。


専業主婦でも外に働きに出ずにやりがいを見つけられる

主婦の笑顔

在宅ワークは自宅でお仕事ができますので、
専業主婦の方でも今までの生活習慣を大きく崩すことなく
実践することが可能です。
(もちろん自宅以外のカフェなどでも可能)

きちんとしたお仕事ですので、
続けていけばやりがいも出てきますので、
専業主婦に罪悪感や孤立感をおぼえることもありません。

また、自分で稼いだお金であれば、
夫に遠慮することなく自由に使えますし、
家族の全体の収入が増えれば、教育資金や老後資金にまわすこともできます。


つまり、在宅ワークのお仕事は外に働きに出なくでもできる仕事で、
やりがいもあり、お金の悩みも解決できるというわけです。

在宅ワークで責任のある仕事をしたり、
生きがいを見つけられたりすると思うとワクワクしませんか?


私は在宅ワークを始めるあなたをサポートします

私は現在、主婦の方へ向けて、

どこよりも初心者にやさしいオンライン在宅ワーク教室<みらいハウス>

を運営しています。

現在、ネットビジネスの世界には、
アフィリエイトを教える方や、マーケティングを教える方など
様々な方がいらっしゃいます。


ですが、

・難しくてなかなかついていけない
・遠い世界のようでなかなか一歩が踏み出せない
・初心者なので成果ができなかったら怒られそう・・・

など不安な声をよく耳にします。



そこで私は、

本当にまったく在宅ワークをやったことがない主婦の方にも安心して参加いただけるような、
初心者のための在宅ワークのオンライン教室を創りたい!

との思いで、この<みらいハウス>を始めることにしました。



参加してくださる方はみなさん初心者の主婦の方です。

もちろん私も始めたころは初心者でした。



そして私も子供をもつ主婦ですので、

在宅ワークと子育ての両立が難しかったり、
思うように作業が進まなかったり、成果が出なかったり、

ということも経験しています。



ですので、

ひとりでは挫折してしまいそうなところを
同じ境遇の主婦同士で、助け合い、励まし合いながら、
在宅ワークで収入を得られたらいいな、

との思いで<みらいハウス>を運営中です。

子育て中でも在宅ワークを始めてみたい!
専業主婦だけど、自宅でやりがいのある仕事がしたい!

とお考えであれば、
<みらいハウス>がどんなところかぜひのぞいてみてください^^

<みらいハウス>ってどんなところ?

その他、主婦の方の悩みや、お仕事のご相談などもお気軽にどうぞ

⇒上杉に問い合わせる